« 写真から月の自転軸を求める (4) | トップページ | 太陽/月の経緯線をExcelで描く (1) »

2013年5月26日 (日)

P,B0,L0 - 太陽の自転軸の表し方

太陽や月の自転軸の状態はP,B0,L0の三つのパラメータで表されます

これらがどういう意味を持っているか書いてみます。


まず太陽あるいは月の経度0度、緯度0度の方向から見た状態を考えます。太陽の自転軸の北極方向がz軸、手前がx軸、右方向をy軸とします。
池袋駅南口の天文計算-1

まずz軸を中心にL0だけ回転します。L0の値は太陽あるいは月がどれだけ自転しているかを示します。太陽あるいは月の経度Lの子午線は直線に見えます。つまり見かけ上画像の中心にある点の太陽面での経度はLになります。このためLは中心経度、中央経度呼ばれます。
池袋駅南口の天文計算-2

さらにy軸を中心にB0だけ回転します。つまり自転軸が手前あるいは向こう側に倒れた状態です。
B0がプラスであれば北極が、マイナスであれば南極が見えます。B0は自転面に対してどういう角度で見ているかすなわち上から見ているか下から見ているかを示しています。見かけ上の画像上の中心の太陽面の緯度はB0になります。したがってB0は中心緯度、中央緯度と呼ばれます。
池袋駅南口の天文計算-3

最後にx軸を中心にPだけ回転します。これは自転軸の傾きを示すわけですが、公転面に対する傾きではなく天の北極の方向に対してどれだけ傾いて見えるかという意味です。
国立天文台のページではPは単に「地球から見た自転軸の向き」と表現されていますが天文年鑑では「北極方位角」という用語を使っています。
池袋駅南口の天文計算-4

※ 図はL0=10度、B0=30度、P=20度の場合のものです。

« 写真から月の自転軸を求める (4) | トップページ | 太陽/月の経緯線をExcelで描く (1) »

編集用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真から月の自転軸を求める (4) | トップページ | 太陽/月の経緯線をExcelで描く (1) »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ