« ケーターの可逆振り子 - 重力加速度の測定 | トップページ | 極座標(赤経・赤緯)と直交座標(方向余弦)の変換 (3) »

2014年1月18日 (土)

極座標(赤経・赤緯)と直交座標(方向余弦)の変換 (2)

Excelで天文計算・記事目次とリンク集

前記事極座標(赤経・赤緯)と直交座標(方向余弦)の変換 (1)で赤経・赤緯を直交座標(方向余弦)に変換する方法を書きましたが注意すべき点が二つあります。

一つは経度に相当するものの測り方の向きです。赤経は春分点(x軸)に向かって左側(東側)がプラス右側(西側)がマイナスになります。一方方位角の場合は南(x軸)に向かって右側(西側)がプラス左側がマイナスとなります。

座標軸はx=南、z=天頂の方向とします。


たとえば方位角A、高度hのところに恒星が見えるとします。この恒星の直交座標(xp,yp,zp)
(OPの長さrを1とすれば方向余弦(L,M,N) )を求めます。
2a


 


まずこの図を天頂方向から見たとします。
2b

天頂方向から見たOPの長さをr'とすると


  xp = r' * cos(A)

  yp = - r' * sin(A)

です。ここでz軸とOPを含むv-z平面を横から(正面から?)見たときを考えます。
2c

そうすると

  r' = r * cos(h)
  zp = r * sin(h)

です。


以上をまとめると


  xp = r * cos(h) * cos(A)

  yp = - r * cos(h) * sin(A)
  zp = r * sin(h)

となります。これが極座標を直交座標に変換する方法になります。


r=1の場合つまり方向余弦は


  L = cos(h) * cos(A)

  M = - cos(h) * sin(A)
  N = sin(h)

ということになります。


最初に注意スべき点が二つあると書いたのですがもう一つは方位角をどう定義するかということです。上に書いたように南をx軸にとるのですが方位角は南を0度とするより北を0度とすることの方が多いようです。その場合上の式はちょっと違ってきます。


  L = cos(h) * cos(A+π)

  M = - cos(h) * sin(A)
  N = sin(h)

としなければなりません。あるいは

  L = -cos(h) * cos(A)
  M = cos(h) * sin(A)
  N = sin(h)

ということになります。

次の 「極座標(赤経・赤緯)と直交座標(方向余弦)の変換 (3)に直交座標を極座標(赤経・赤緯、方位角・高度など)に変換する方法について書きます。

(続く)

« ケーターの可逆振り子 - 重力加速度の測定 | トップページ | 極座標(赤経・赤緯)と直交座標(方向余弦)の変換 (3) »

天文計算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1994983/54649553

この記事へのトラックバック一覧です: 極座標(赤経・赤緯)と直交座標(方向余弦)の変換 (2):

« ケーターの可逆振り子 - 重力加速度の測定 | トップページ | 極座標(赤経・赤緯)と直交座標(方向余弦)の変換 (3) »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ