« 本日(5月19日)深夜の星食 - 星食予測の使い方 | トップページ | Excelで予測する9月28日の土星食 »

2014年5月24日 (土)

2014年6月の星食(掩蔽)予測

掩蔽の予測と観測については
  『「掩蔽(星食)の予測と観測」記事目次とリンク集
に一覧があります。

--------

2014年6月の掩蔽で観測可能な星食(月による恒星の掩蔽)の一覧です。
今月のデータはすべて暗縁潜入です。
先月は予測より9秒間早く出現したものがありました。そういうこともありますので観測は余裕を持ってお願いします。

2014/6/1 21h頃 HIP36716(7.881) (星)ZC-/SAO97008
高度が低く空が明るいです。沖縄がいちばん条件がよく、次は京都あたりでしょうか。
2014/6/1 21h頃 HIP36760(5.274) (天・星)ZC1147/SAO97016
北海道と西日本で観測可能かも、高度は10度以下です。
2014/6/2 21h頃 HIP40986(7.35) (星)ZC1256/SAO97761
高度がやっと10度を越えるくらいです。札幌と福岡はちょっと空が明るいでしょう。
2014/6/3 20h頃 HIP44798(5.226) (理・天・星)ZC1359/SAO98378
空がちょっと明るそうで特に札幌、京都、福岡はきびしいかも。
2014/6/5 22h頃 HIP52401(6.635) (理・天・星)ZC1564/SAO118443
比較的条件がいいですが札幌、仙台は高度が20度を切ります。
2014/6/5 23h頃 HIP52574(7.157) (星)ZC-/SAO118471
高度が10度を越えるのは福岡と那覇だけです。
2014/6/6 22h頃 HIP56056(8.044) (星)ZC1667/SAO138231
条件はいいのですが、恒星は暗く東日本では掩蔽されません。
2014/6/6 23h頃 HIP56061(7.184) (星)ZC-/SAO138233
比較的条件がいいです。南日本では掩蔽されません。
2014/6/7 20h頃 HIP59506(8.021) (星)ZC1756/SAO138644
空が明るく南日本では掩蔽されません。
2014/6/8 22h頃 HIP63818(7.961) (星)ZC-/SAO139140
暗い恒星ですが条件は全国的にいいです。
2014/6/8 24h頃 HIP64122(5.7) (天・星)ZC1886/SAO139175
比較的明るい恒星ですが東日本は高度が10度以下です。
2014/6/9 20h頃 HIP67876(7.507) (星)ZC-/SAO158223
沖縄でだけ掩蔽されます。空が明るいです。
2014/6/9 21h頃 HIP67999(8.074) (星)ZC-/SAO158236
高度、空の明るさは全国的に問題ありませんが、月が明るいです。
2014/6/10 19h頃 HIP72194(6.475) (星)ZC2105/SAO158788
北日本でだけ掩蔽されますが月も空も明るいです。
2014/6/10 22h頃 TYC6155-292-1(7.10) (星)ZC-/SAO158828
全国で観測可能ですが輝面比が0.9を越えています。
2014/6/10 22h頃 TYC6155-344-1(7.86) (星)ZC-/SAO158831
全国で観測可能ですが輝面比が0.9を越えています。
2014/6/10 23h頃 TYC6155-34-1(7.81) (星)ZC-/SAO158861
沖縄でだけ観測可能ですが輝面比が0.9を越えています
2014/6/10 23h頃 TYC6155-361-1(7.72) (星)ZC2122/SAO158870
東京以南で観測可能ですが輝面比が0.9を越えています。

任意の地点(緯度、経度を設定可能です)での潜入・出現の時刻を予測できるExcelファイルを用意しました。
  「ダウンロード Occult_Ver.4.5_201406a.xls (957.0K)

この予測は誤差は通常10秒以下に収まるはずですが接食あるいは接食に近い星食では使わないでください。
接食については詳しい資料がJCLOから提供されています。
  「JCLO - [PDF版] 星食観測ハンドブック2014 発行のお知らせ

また掩蔽予測のアプリもありますので一つ紹介しておきます。
 「Occult v4.1.0 - Occultation Prediction Software by David Herald

今月はこれはという掩蔽がないのですが比較的観測しやすそうなものを一つ__6月3日5.2等星__紹介させていただきます。東京だと太陽の高度が-15度ですから空がちょっと明るいかもしれませんが観測には特に支障はないと思います。
西日本の方だと6月5日の6.6等星、東北・北海道の方は6月6日の7.2等星の方が(ちょっと暗い恒星ですが)観測しやすいように思います。
Occult_201406

--------

予測シートの使い方

まずどこで星食を見るのかを入力します。

例えばNo.7のところに入力する場合

  H26のセルに観測場所名
  I26のセルに経度
  J26のセルに緯度
  K26のセルに標高

です。観測場所が1km違うだけで潜入・出現の時刻は1秒とかそれ以上変化しますので経緯度はちゃんと入力した方がいいです。標高は1000mとか2000mでもない限りあんまり影響がないので0mでもかまいません。JCLOへの報告では標高はm単位で必要なのでちゃんと調べておいた方がいいと思いますが...
経緯度はWGS84/JGD2000でお願いします。こっちはJCLOに報告するときは0.1秒単位です。なお大きな望遠鏡のときは“望遠鏡の不動点”の経緯度・標高を報告するそうです。

入力が終わったら観測場所をセットします。
C24のセルがドロップダウンリストになっていますのでここから先ほど入力した観測場所を選びます。

C30のセルのドロップダウンリストから観測対象にする恒星を選べばすぐに予測が表示されます。

B39のセルもドロップダウンリストになっていてここで予測時刻の表示を0.1秒単位にすることができます。0.1秒単位になっているのは1km北に移動したらどれだけ予測時刻が変化するのか調べるようなときのためで今のシートの計算方法ではそれだけの精度はありません。数秒の誤差はあるものと思っていただいた方が無難です。撮影されるんでしたら30秒くらい前からお願いします。

まずC38/D38のところに注目します。左側は潜入、右側が出現になっていますがふつうこれが“暗縁潜入”あるいは“暗縁出現”になっていないと観測がむずかしいです。

ふつう満月(望)の前だと暗縁潜入/明縁出現、満月(望)の後だと明縁潜入/暗縁出現となります。
ときによって暗縁潜入/暗縁出現、明縁潜入/明縁出現ということもありえます。ただこういうケースは恒星が月をかすめていく接食に近くこのExcelシートでの予測時刻はあんまりあてになりません(もし使っていただけるのであれば下の方に“最接近時刻”というのがありますのでその時刻を中心に観測します)
逆に実際は接食気味の場合掩蔽が起きないとしてしまうケースもあります。最接近時の離角が小さいときは上に書いたJCLOの資料で接食限界線を確認した方がいいと思います。

C39/D39に予測時刻がありますのでスケジュールを確保します。

C40/D40にそのときの月の高度、D41に方位角が表示されますので観測可能な位置かどうか確かめます。

C45/D45の輝面比は月のどの程度が光っているかを示しています。この値が小さい方が観測しやすいのですが観測対象の恒星が明るければ観測できます。6等星より暗い恒星なんかだとこの輝面比0.8とか0.9になるとつらいです。

C47/D47に太陽の高度があります。これが-18度より大きいとかさらにプラスだとかなると空が明るくて観測が困難になります。これもいくつ以上だったらダメとかいうことではなく恒星の明るさとの見合いになります。

以下については基本的な用語を説明するとこうなります。
Occult_e_2
天頂は文字通り真上です。
天の北極というのは要するに北極星の方向です。天頂の方向と天の北極が一致するのは月が南中したときだけで南中前であれば天の北極の方向は天頂の方向の左側、南中後であれば天の北極の方向は天頂の方向の右側になります。

欠け際というのは月の明暗の境界なのですが、これは秤動によって位置(向き)がコロコロ変わります。

予測C42/D42に“北極方向角”というのがありますがこれは潜入あるいは出現する場所が天の北極の方向からみてどちらの方向にどれくらい離れているかを示しています。この角度は左回りになっています。90度であれば(天の北極を上としたとき)左真横、270度であれば右真横です。

そしてC44/D44に“カスプ角”というのがありますが、これが月の欠け際と潜入/出現する位置との関係を示しますので位置関係としてはいちばん重要と言うかわかりやすいと思います。
カスプ角というのは潜入点あるいは出現点に近い方の欠け際から反時計回りの角度を示しています。またカスプ角には掩蔽の起きる位置が明縁だったら最後に“B”、暗縁だったら“D”がつきます。“北極方向角”と見比べてどのあたりが潜入/出現の場所になるかを判断します。
例えば満月前で北極方向角が80度くらいの暗縁潜入のときカスプ角は80Dくらいになり、北極角が110度くらいであればカスプ角は-80Dくらいになります。欠け際は北極の方向とは異なりますので北極方向角からカスプ角を計算できるわけではないことに注意します。

上の例からわかると思いますがカスプ角(の絶対値)が90度に近ければ明るいところから一番遠いところで潜入/出現が起きます。もしカスプ角が0度に近ければ明暗境界のすぐ近くで潜入/出現が起きるので暗い恒星の場合とても見にくくなります。

« 本日(5月19日)深夜の星食 - 星食予測の使い方 | トップページ | Excelで予測する9月28日の土星食 »

掩蔽(星食)」カテゴリの記事

コメント

オカルトファイルダウンロードさせて頂きました♪
いつもありがとうございます^^

南口さんのブログにもリンクを張られたんですね~( ̄ー ̄)ニヤリ

サダルテミスさん、いつもありがとうございます。
こちらが順調に(?)更新できるようになったので今後の予測はこちらに書くことにしようと思ってリンクを張りました (^^)
6月は目の覚めるようなのがありませんね。でも梅雨時だからちょうどいいかも。
それからちゃんとした(?)予測アプリもあって、この記事では Occult 4.5のリンクだけですがこういうのは
 『「掩蔽(星食)の予測と観測」記事目次とリンク集』
の方で紹介していこうと思っています。
(使ったことはないのですが)確か今ももう一つ書いていたような....

(¬_¬)
こんにちわ(≧∇≦)

いつのまにか移動していたのですね(¬_¬)

早速利用させてもらいます。

ダウンロードありがとうございます m(._.)m
付加価値を付けなきゃいけないと思うので7月版は
掩蔽の状況を図にしようかと思っています。
これからもよろしくご贔屓に (^^)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年6月の星食(掩蔽)予測:

« 本日(5月19日)深夜の星食 - 星食予測の使い方 | トップページ | Excelで予測する9月28日の土星食 »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ