« J2000.0座標系からICRS(ICRF)に変換する | トップページ | 「プラトン」か「プラトー」か? - 月のクレーターのこと »

2014年5月17日 (土)

続々・ICRS/ICRFから視位置への変換(太陽編)

関連記事の目次は「Excelで天文計算・記事目次とリンク集 」にあります。
これまで書いた記事の内容の誤りやExcelファイルの不具合は「
このブログの変更履歴・正誤表など」にあります。

最初「ICRS(J2000.0)から視位置への変換(太陽編)」の記事を書いたのですが結果があんまり芳しくありませんでした。場合によっては0.0001度(度分秒の0.4秒、時分秒の0.02秒)くらいの誤差がありました。どうやら年周光行差の計算に問題がありそうだということで次に「続・ICRS(J2000.0)から視位置への変換(太陽編)」を書きました。
結果はかなり改善されたのですが最大0.00003度(度分秒の0.12秒、時分秒の0.006秒)くらいの誤差が残っていました。
Sun_12a

この二つの記事は“ICRSから”というタイトルを付けていますが“NASA JPL's HORIZONS system”のICRS/ICRFのデータを使ってはいるもののそれをJ2000.0座標系での値として使っていました。

今回は前記事

  「ICRS(ICRF)からJ2000.0座標への変換

の成果(?)を利用して“NASA JPL's HORIZONS system”のデータをいったんJ2000.0座標系の値に変換した上で視位置を求めてみました。

  「ダウンロード Excel_Sun13.xls (411.5K)

結果だけですがこうなりました。
Sun_13

今回は“NASA JPL's HORIZONS system”の視位置との差は最大でも0.00001度(度分秒の0.04秒、時分秒の0.002秒)です。

重力場の影響は考慮していないのですが、これだけ結果が一致するのであれば視位置の計算方法としてはこれでまったく問題ないと思われます。

太陽のICRS/ICRFでの位置から視位置への変換・計算手順

1. ICRS/ICRFの座標をJ2000.0座標系の座標に変換する。
  (このとき光差はすでに補正されてあるものとします)
2. 歳差を適用し平均位置を求める。
3. 章動を適用し真位置を求める。
4. 年周光行差を適用し視位置を求める。

« J2000.0座標系からICRS(ICRF)に変換する | トップページ | 「プラトン」か「プラトー」か? - 月のクレーターのこと »

天文計算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1994983/56214370

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・ICRS/ICRFから視位置への変換(太陽編):

« J2000.0座標系からICRS(ICRF)に変換する | トップページ | 「プラトン」か「プラトー」か? - 月のクレーターのこと »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ