« GE-612T vs GM-316 1PPS対決 - GPS受信モジュール | トップページ | GPS衛星の電波を失ったGM-316の1PPS出力はどうなる? »

2014年7月 1日 (火)

GPS受信モジュールGM-316による星食(掩蔽)観測用1PPS発光

一生懸命記事を書いていたらエラーでぜんぶ飛んでしまいました。ひとまずビデオだけでも....

「GPS受信モジュールGM-316による星食(掩蔽)観測用1PPS発光装置」のビデオ版取扱説明書みたいなものです。

回路図や特性についてはあらためて記事にします。

取扱説明書(?)は

  「星食観測用1PPS発光器取扱説明書 - 1

にあります。

------

動画にはGM-631と字幕を入れてしまいましたがGM-316が正しいです。
すみません m(._.)m
2分40秒以後には新しいことは何もありません。カットするのを忘れました (^^;;






  「GPS受信モジュールあれこれ
  「時刻標準について

« GE-612T vs GM-316 1PPS対決 - GPS受信モジュール | トップページ | GPS衛星の電波を失ったGM-316の1PPS出力はどうなる? »

時刻と時間」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいですね!まだ仮組みっぽく見えますがここからも進化させるためですね^^。

こんにちは、ご無沙汰してます。
え~、じつはこれが最終形です。このままサダルテミスさんに使っていただくことになっています。
私の工作能力のなさを侮らないでください (^^;;
正直、恥ずかしくてほよほよさんにだけは見られたくなかったです (^^;;
星食観測のときは時刻はスマホ117などを録音しているので映像上で正秒の位置さえわかればいいと言うコンセプトです。負け惜しみみたいですが (^^)
ところで別にGE-612TとGE-5157があります。
GE-612Tはけっこうお勧めな感じです。小さな外部アンテナを使うのですが電波のつかみはなかなかいいです。電波がなくなると1PPS出力が止まるので安心して使えます。一秒間のパルス数を変えられるという遊べる要素もあります。作動電圧範囲が狭いのが残念ですが。
GE-5157はコネクタを自作するつもりで買ったのですが現物のソケットを見て頭を抱え込んでいます。つまりまだ動かせてません。
それから3ビットでLED8個をダイナミック点灯できるデコーダ付きのLED用基板がありました。
これで時分秒6桁+ステータス+衛星数が表示できるようになりそうです。いつになるかわかりませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPS受信モジュールGM-316による星食(掩蔽)観測用1PPS発光:

« GE-612T vs GM-316 1PPS対決 - GPS受信モジュール | トップページ | GPS衛星の電波を失ったGM-316の1PPS出力はどうなる? »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ