« I2C/SPI大気圧センサーLPS25HとLPS331APの精度を比較する - 2 - 分解能 | トップページ | ラブジョイ彗星・2015年1月26日の位置 »

2015年1月23日 (金)

続・インダクタンスの測り方 - 5 - 交流ブリッジ

インダクタンスの測定については

  「インダクタンスの測り方・まとめ

にそれぞれの方法の概要があります。

-----

これまで5回に渡ってインダクタンス測定の実験を行ってきましたがあんまり芳しくない結果しか得られていません。

特に「インダクタンスの測り方 (5)」は問題で注意深く実験しその結果得られた値の信頼性も高いように思われました。なぜ得られたインダクタンスの値が周波数によって大きく異るのかいろいろ考えたのですが、うまく説明することがなかなかできません。

それで出てきた結論は結果が誤っているのではなく実際にインダクタンスが周波数によって異なっているのではないかということでした。

このとき実験に使用したコイルは手元に手頃なものがなかったのでリレーの巻線を使っていました。そこで今回は“由緒正しい”太陽誘電の電力用インダクタを使ってみることにしました。

  LHL10NB104J
  公称インダクタンス:100mH±5%(@1kHz、Q:0.0252)
  直流抵抗:240Ω
  電流:0.031Amax
  自己共振周波数:0.085MHz
  Q:30

というものです。

=====

あらためて実験回路を示します。“理論”は「インダクタンスの測り方 (5)」に書きましたので省略します。
Bridge01

実験の結果とそれから得られたインダクタンスと等価直列抵抗を記事の最後に表にしました。

周波数によるインダクタンスの変化は見られますがほぼ仕様値の100mHになっています。
等価直列抵抗も仕様の直流抵抗とだいたい一致しています。

なおこのインダクタの巻線抵抗は195Ωでした。仕様値の表記は“直流抵抗”となっていますが、これは実際には等価直列抵抗を指すもののようです。

これから考えるとやはり最初の実験に使ったインダクタはインダクタンスに周波数依存性がある等の理由を考えてもよさそうです。リレーのコイルはインダクタとして使うことを予想していない__そもそもリレーは直流で使うのが前提__のでそういうものを実験に使ったのが失敗のもとだったようです。

ブリッジの回路定数を変えて実験したり他の周波数でも実験してみればこのあたりの事情はもっと明確になってくると思います。

-----

実験結果

ブリッジが平衡する状態にして回路定数を確認し、ブリッジの平衡条件を満たすインダクタンスと等価直列抵抗を求めた結果です。

f[Hz]
周波数
366.4 824.0 1426
Vin[mV]
ブリッジへの
入力電圧
172.8 139.9 72.1
Vbal.[mV]
平衡時の
電圧
2.27 0.85 0.22
R1[Ω] 351.9 234.8 218.8
R2[Ω] 386.0 75.6 25.1
R3[Ω] 510.3 510.2 510.1
[μF] 1.12 1.12 1.11
ωC[Ω^-1] 0.002581 0.005783 0.009963
1/ωC[Ω] 387.5 172.9 100.4
L[H] 0.101 0.112 0.117
Rx[Ω] 232 254 262
ωL[Ω] 233 582 1047

平衡時の電圧が高い場合は信号源の高調波のレベルが高い等考えられます。
今回の場合 f=336.4Hz のケースがちょっと平衡時の電圧が高いように思われますのでこのケースについては要チェックでしょうか。

-----

関連

  趣味の実験
  趣味の電子工作
    PIC

  掩蔽(星食)
  趣味の天文計算
    カノープス
    月面X
    バーナード星(固有運動と年周視差)
    流星経路計算
    小惑星
    彗星
    月のクレーター
    位置計算
  太陽と黒点
  天文計算の本
  時刻と時間
    GPS受信モジュール
  カメラとレンズ
  趣味の気象観測
  アラビア語の星
  低レベルなアラビア語の話
  中国の星座
  パソコン・インターネット
  日記・コラム・つぶやき
  編集用

« I2C/SPI大気圧センサーLPS25HとLPS331APの精度を比較する - 2 - 分解能 | トップページ | ラブジョイ彗星・2015年1月26日の位置 »

趣味の実験」カテゴリの記事

コメント

コイル自体が原因だとは思いもよりませんね^^;

はい、リレーのコイルだってコイルには違いないだろう、と思ったのが甘かったです (^^;;
何かおかしいと気づかせてくれたこの交流ブリッジを使う方法はなかなかよさそうです。
高調波を押さえて測定すればそうとうに精度のいい結果が得られるように思えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・インダクタンスの測り方 - 5 - 交流ブリッジ:

« I2C/SPI大気圧センサーLPS25HとLPS331APの精度を比較する - 2 - 分解能 | トップページ | ラブジョイ彗星・2015年1月26日の位置 »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ