« 作れそうな気がしてきたPICで作るキャパシタンス/ESRメータ | トップページ | 暫定版・アルミ電解とタンタルコンデンサのESRを測ってみた »

2015年4月 9日 (木)

(航空機のピトー管の)ヒーターのスイッチ

Wikipediaの「ピトー管 - Wikipedia」の記事を見るとピトー管が凍結して速度がわからなくなり墜落事故に至った、なんてこともあったようです。
とするとコックピットにはきっとピトー管の凍結防止ヒータのスイッチがあるはず、ということで探してみました。

=====

まずピトー管(の位置)から

F-1 機種先端
Imgp91741000

F-104 .... 機首先端
Imgp91561000

静圧孔らしきものが上側にあり雨水が入ったらどうするんだろうと思ったのですが、戦闘機だったらきっと上も下も同じことなんでしょう。

F-4EJ改 .... 機首先端
Imgp92091200


T-2 .... 機首先端
Imgp92141200_2

T-33 ... 機種下部
Imgp91991000

海軍零式艦上戦闘機二一型(ただしレプリカ) .... 左翼翼端(時計の下)
Imgp91221000

-------

ここからヒータのスイッチですが、残念ながらこれまでの写真とはあんまり関係はありません。

P-3(UP-3A) .... “PITOT HEAT”と書いてあります。操縦席の頭上にありました。
Imgp91831000

F-104 .... “PITOT-PITCH TEMP PROBE”とあります。下に“HEATERS”とあるからこれでしょう。操縦席の右側です。操縦席は異常に狭かったです。私が太っているせいかもしれませんが。
Imgp91621000

OH-6 .... “HEATED PITOT TUBE”とあります。これも操縦席の右側でした。
Imgp92021200

----------

関連
  「ジェット戦闘機のコックピット

« 作れそうな気がしてきたPICで作るキャパシタンス/ESRメータ | トップページ | 暫定版・アルミ電解とタンタルコンデンサのESRを測ってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (航空機のピトー管の)ヒーターのスイッチ:

« 作れそうな気がしてきたPICで作るキャパシタンス/ESRメータ | トップページ | 暫定版・アルミ電解とタンタルコンデンサのESRを測ってみた »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ