« (カテリナ彗星でも使える)小惑星2015 TB145の予測データから位置予測図を作成するExcelファイル | トップページ | 小惑星2015 TB145 - 観測用位置予測図(50mm画角版) »

2015年10月31日 (土)

小惑星2015 TB145と北斗七星 - 観測用位置予測図(上級者向け) (10月31日版)

小惑星2015 TB145の光度等級、高度、月との離角のグラフ」にあるように時間が遅くなるほど2015 TB145と月の離角は大きくなっていきます。その変わり2015 TB145はどんどん暗くなっていきますので撮影しやすくなるというわけでもないです。

03時頃には北斗七星に近づきますので場所は確認しやすくなると思います。

ただどちらかというと口径の大きな(少なくとも10㎝前後の)レンズ/反射鏡が使えるベテラン・上級者向けということになりそうです。この図を見ると高度がどんどん下がっていくように見えますが実際は日周運動があるのでそれほど変化しません。

---------

観測地 東京(ほかの地域でもあんまり変わりません。ただし時刻がほんの少しずれます)

データの取得日 2015年10月31日
(Rec #:744240 (+COV)   Soln.date: 2015-Oct-30_10:09:44      # obs: 724 (20 days))

カメラ/レンズ APS-C f=21㎜
02時30分の(東京での)天頂が上になるように描画してあります。
中央にあるのがおおぐま座/北斗七星のドゥーベです。
Tokyo103107201656021mm0230
恒星の位置はヒッパルコス星表、2015 TB145の位置は「(NASA JPL) Horizons Web Interface 」によります。2015 TB145の位置予測は日々と更新されています。常に最新の情報(記事)を参照していただきますようお願いします。データの取得日時に注意してください。

時刻ごとの概要版・詳細版の一覧は

  小惑星2015 TB145の位置予測のまとめ

にあります。
月との離角や地域による見え方の差、小惑星の撮影例、小惑星の位置データの取得方法、撮影に成功された方の記事へのリンクもあります。

=======

(カテリナ彗星でも使える)小惑星2015 TB145の予測データから位置予測図を作成するExcelファイル」に書いたExcelファイルの使い方の続き

恒星データはヒッパルコス星表の全天の恒星のうち明るい方から7000個くらいを抜き出しています。ヒッパルコス星表はもともと年周視差のリストみたいで明るくても年周視差が検出できないような恒星はないみたいです。だから写真には立派に写っているければ予測図にはないなんて恒星もあります。

予測図を作るときは煩雑にならないように描画する恒星数を数百個に抑えてあります。恒星のうち明るい方から100個くらいはヒッパルコス星表番号と光度等級を表示します。

焦点距離はあんまり現実離れした値でなければ(つまりお使いのレンズの焦点距離であれば)いくつにしてもいいのですが、上のような事情から焦点距離を大きくすると恒星数が少なくなって予測図がスカスカになり寂しくなります (^^;;

長焦点レンズ用には別にその領域のヒッパルコス星表にある恒星全部を抽出したりして対応しています。今回は小惑星の通過で一発勝負なのでExcelファイルはアップロードしません。

図の向きは指定した時刻の天頂が上になるようにしてあります。天の北極が上になるようにしたいとか自分の好きな向きに傾けたいというときは画像の中心の赤経・赤緯のセルのしたにある“傾き”のところに角度を入れます。0とすれば天の北極が上になります。

-------------------

他の(位置)予測記事

  「
スペースデブリWT1190Fの最後の一日 - HORIZONSによる位置予測
  「
はやぶさ2のスイングバイを東京で見たら - 位置予測の試み
  「
アルデバラン食出現時刻早見地図(全国版、2015年11月26日)
  「小惑星2015 TB145の位置予測のまとめ」 (2015年10月31日) 

ラブジョイ彗星の位置予測と見つけ方のまとめ - 2015年1月~2月

関連

    「
恒星の位置計算 - ヒッパルコス星表の使い方から大気差の計算式まで
    「
過去記事の一覧(天文計算、測定、電子工作)

« (カテリナ彗星でも使える)小惑星2015 TB145の予測データから位置予測図を作成するExcelファイル | トップページ | 小惑星2015 TB145 - 観測用位置予測図(50mm画角版) »

小惑星」カテゴリの記事

コメント

φUMaを1:50ぐらいに狙って終了しようと思います〜
追いかけるのにかなり疲れました(´・ω・`)

お疲れさまです m(._.)m
追いかけられていますか。
私は撮影中は写っているかどうかまったくわからず、今撮った画像を一生懸命見ていてやっと“発見”しました。
やっぱり私の機材じゃ限界ギリギリでした (^^;;

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« (カテリナ彗星でも使える)小惑星2015 TB145の予測データから位置予測図を作成するExcelファイル | トップページ | 小惑星2015 TB145 - 観測用位置予測図(50mm画角版) »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ