« 掩蔽観測用GPS/1PPS発光器(弐/参) - LED駆動ユニット - 使い方 | トップページ | 小惑星2015 TB145の地球接近は見えるか?(速報第2版) »

2015年10月23日 (金)

小惑星2015 TB145の地球接近は見えるか?(速報第1版)

最新の位置予測図を含む関連記事のリストは

  「
小惑星2015 TB145の位置予測のまとめ・一覧

にあります。
月との離角や地域による見え方の差、小惑星の撮影例、小惑星の位置データの取得方法もあります。
--------------------

NaviNavi さんの記事(「2015 TB145」小惑星接近  今日の科学のニュース )で知ったのですが、記事にはニュースソースがなかったので、ググってみました。
なんか怪しそうなのが多いのですが、AFPの「巨大小惑星、ハロウィーンの日に地球最接近 天文学者ら 」を信じて(NASA JPL) Horizons Web Interface で調べてみました。

日本では11月1日深夜、北東の空に見える、ということになるようですが....

この明るさであれば私の機材でもぎりぎり写りそうな気がしますが、動きが速いので捕捉できるかどうかが課題になりそうです。さらに月明りも邪魔です。

そういえば前回の小惑星大接近のときは動きをイメージできずISO値を下げ長めの露出時間にしてしまい苦労したような...

今回は速報版です。ニーズがあればラブジョイ彗星のときのように観測用星図を作ります。

-------------------

他の(位置)予測記事

  「
スペースデブリWT1190Fの最後の一日 - HORIZONSによる位置予測
  「
はやぶさ2のスイングバイを東京で見たら - 位置予測の試み
  「
アルデバラン食出現時刻早見地図(全国版、2015年11月26日)
  「小惑星2015 TB145の位置予測のまとめ」 (2015年10月31日) (この記事)  

ラブジョイ彗星の位置予測と見つけ方のまとめ - 2015年1月~2月

関連

    「
恒星の位置計算 - ヒッパルコス星表の使い方から大気差の計算式まで
    「
過去記事の一覧(天文計算、測定、電子工作)

------------------------

小惑星2015 TB145の観測用位置予測星図 - 概要(10月26日版)」より
Horizons102611031100190020min21mm_2
恒星の位置はヒッパルコス星表、2015 TB145の位置は「(NASA JPL) Horizons Web Interface 」によります。2015 TB145の位置予測は日々と更新されています。常に最新の情報(記事)を参照していただきますようお願いします。特に断らない限り記事に掲載する予測図は記事を書いた時点での最新のデータにもとづく東京での視位置です。データの取得日時に注意してください

-------------------------------

NASA JPL Horizonsから取得したデータの例です。

*******************************************************************************
Ephemeris / WWW_USER Thu Oct 22 14:17:27 2015 Pasadena, USA      / Horizons   
*******************************************************************************
Target body name: (2015 TB145)                    {source: JPL#9}
Center body name: Earth (399)                     {source: DE-0431LE-0431}
Center-site name: GEOCENTRIC
*******************************************************************************
Start time      : A.D. 2015-Oct-31 14:14:00.0000 UT      
Stop  time      : A.D. 2015-Oct-31 16:14:00.0000 UT      
Step-size       : 60 minutes
*******************************************************************************
Target pole/equ : No model available
Target radii    : (unavailable)                                                
Center geodetic : 0.00000000,0.00000000,0.0000000 {E-lon(deg),Lat(deg),Alt(km)}
Center cylindric: 0.00000000,0.00000000,0.0000000 {E-lon(deg),Dxy(km),Dz(km)}
Center pole/equ : High-precision EOP model        {East-longitude +}
Center radii    : 6378.1 x 6378.1 x 6356.8 km     {Equator, meridian, pole}   
Target primary  : Sun
Vis. interferer : MOON (R_eq= 1737.400) km        {source: DE-0431LE-0431}
Rel. light bend : Sun, EARTH                      {source: DE-0431LE-0431}
Rel. lght bnd GM: 1.3271E+11, 3.9860E+05 km^3/s^2                              
Small-body perts: Yes                             {source: SB431-BIG16}
Atmos refraction: NO (AIRLESS)
RA format       : HMS
Time format     : CAL
EOP file        : eop.151021.p160112                                          
EOP coverage    : DATA-BASED 1962-JAN-20 TO 2015-OCT-21. PREDICTS-> 2016-JAN-11
Units conversion: 1 au= 149597870.700 km, c= 299792.458 km/s, 1 day= 86400.0 s
Table cut-offs 1: Elevation (-90.0deg=NO ),Airmass (>38.000=NO), Daylight (NO )
Table cut-offs 2: Solar Elongation (  0.0,180.0=NO ),Local Hour Angle( 0.0=NO )
*******************************************************************************
Initial FK5/J2000.0 heliocentric ecliptic osculating elements (au, days, deg.):
  EPOCH=  2457310.5 ! 2015-Oct-15.00 (TDB)         Residual RMS= .24934       
   EC= .8603549937430215   QR= .29470523636399     TP= 2457368.1355039026      
   OM= 37.73168994579556   W=  121.5427046110202   IN= 39.68092947429132      
Asteroid physical parameters (km, seconds, rotational period in hours):       
   GM= n.a.                RAD= n.a.               ROTPER= n.a.               
   H= 19.8                 G= .150                 B-V= n.a.                  
                           ALBEDO= n.a.            STYP= n.a.                  
*******************************************************************************************************
Date__(UT)__HR:MN     R.A._(ICRF/J2000.0)_DEC  APmag            delta      deldot    S-O-T /r    S-T-O
*******************************************************************************************************
$$SOE
2015-Oct-31 14:14     06 45 52.28 +39 56 23.2  10.02 0.00398437790906 -20.1736151 117.1158 /L  62.6784
2015-Oct-31 15:14     07 33 55.40 +46 49 46.5  10.05 0.00356556865594 -14.3090855 108.2435 /L  71.5602
2015-Oct-31 16:14     08 48 15.93 +52 57 16.0  10.27 0.00331124852891  -6.5411042  97.2161 /L  82.5938
$$EOE

« 掩蔽観測用GPS/1PPS発光器(弐/参) - LED駆動ユニット - 使い方 | トップページ | 小惑星2015 TB145の地球接近は見えるか?(速報第2版) »

天文計算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1994983/62174079

この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星2015 TB145の地球接近は見えるか?(速報第1版):

« 掩蔽観測用GPS/1PPS発光器(弐/参) - LED駆動ユニット - 使い方 | トップページ | 小惑星2015 TB145の地球接近は見えるか?(速報第2版) »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ