« (Wikipediaの)E線はど~れ? - 簡易分光器によるフラウンホーファー線 | トップページ | ゼーマン効果を利用した太陽磁場測定はアマチュアにできるか? »

2016年7月 4日 (月)

DVD簡易分光器で見えるフラウンホーファー線(515-535nm)

それなりの画像がある程度たまったら吸収線の波長を調べて「簡易分光器で見えるフラウンホーファー線一覧表」を作ろうと思っていました。

でも最近簡易分光器の分解能がだんだん上がってきてb線とE線の10nmくらいのところに暗線が50本以上見えるようになってしまいました。こうなると観察範囲にしている400nm~700nmのところに数千本の暗線がある勘定になります。

とてもやってられないので画像だけにすることにしました。今回は下図の黄色いマーカーで示した515nm~535nmの範囲です。左(波長の短い方)にb線があり右に向かってE線を通り過ぎたあたりのところまでです。

Imgp3644allm44d8400700svg515535

400nmから始めないのはまだそのあたりはあんまりいいスペクトル画像が撮れていないからです。しょっちゅう撮っているb線~E線付近はいくらでも写真があるので記事に使えそうな画像がすぐ見つかるのです。

------

暗線の波長はわかっている範囲で書き込んであります。

記号の意味

Mg(b2/b2) 517.27

マグネシウムの吸収線です。理科年表にb2、Wikipediaにb2という記号であります。
波長はいずれも517.27nmです。

Mg(b4/) 516.73

理科年表にあるマグネシウムの吸収線でb4という記号がつけられています。
波長は516.73nmです。

Mg(-/b4) 516.89

Wikipediaにあるマグネシウムの吸収線でb45という記号がつけられています。
波長は516.89nmで理科年表とは異なります。

Fe 525.02

理科年表の主要な太陽吸収線の表にあるものです。

Cr I/OAO 524.76

岡山天体物理観測所の太陽のスペクトルの画像にあったものです。
なお Cr I の “I”はおそらく中性原子によるものという意味だと思います。

Fe/CST 522.72


理科年表の紫外部、可視部、近赤外部の主なスペクトル線の波長の表にあったものです。これはおそらくそこに吸収線があるようだというだけであって、そこにある吸収線とちゃんと対応したものかどうかは確かめていません



Imgp3768besvg2m101d02901100051553_2



前の記事 「
(Wikipediaの)E線はど~れ? - 簡易分光器によるフラウンホーファー線
次の記事 ゼーマン効果を利用した太陽磁場測定は簡易分光器でできるか?


まとめ記事
  「
簡易分光器 - 作り方・使い方のまとめとリンク集
    簡易分光器とは?
    簡易分光器の実力
      太陽光(フラウンホーファー線)
      蛍光灯
    原理・設計
    製作・材料
      スリット

      回折格子
      構成/構造
    フラウンホーファー線の撮影法
    簡易分光器の性能評価
    トラブルが起きたときの対処法
    画像の数値化・グラフ化
    デジカメの分光感度特性
    スペクトルデータの再画像化

    分光器の応用
      光害カットフィルターの特性を調べる
      半導体レーザー出力光の波長の変化
      簡易分光器では手が出ないようなもの
    スペクトルに関する資料集
    スペクトル(画像)の実例

---------


  「
測定対象別記事一覧(測定、電子工作、天文計算)
  「
過去記事の一覧(測定、電子工作、天文計算)

« (Wikipediaの)E線はど~れ? - 簡易分光器によるフラウンホーファー線 | トップページ | ゼーマン効果を利用した太陽磁場測定はアマチュアにできるか? »

簡易分光器とスペクトル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
趣味でホアプリを作っている者です。
いつも、参考にさせていただいております。
アプリ性能確認のため、自作分光器でフラウンホーファー線の画像を撮影しておりましたが、
なかなか、良い画像が撮れなかったため、このブログの画像を利用させていただきました。
ありがとうございました。
https://twitter.com/jun1wata/status/840382789463687168

記事を紹介していただきありがとうございます m(._.)m
興味深いアプリを作られているんですね。私も最初の頃は輝線・暗線の波長を求めるのにずいぶん手間取り、何か便利なアプリはないかなあと探したものです。
記事の内容は(記事の上に書いてあるように)画像他なんでも自由にお使いください。
(他のサイトから引用したものだけは引用元の使用許諾に従っていただければと思います)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1994983/66340794

この記事へのトラックバック一覧です: DVD簡易分光器で見えるフラウンホーファー線(515-535nm):

« (Wikipediaの)E線はど~れ? - 簡易分光器によるフラウンホーファー線 | トップページ | ゼーマン効果を利用した太陽磁場測定はアマチュアにできるか? »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ