« 石神井川はコイキングだらけ - ポケモンGO | トップページ | Status of VPN Server(seppina01 and seppina03) »

2016年9月25日 (日)

HDD(ハードディスク)の物理的破壊の現実的な方法

使わなくなったHDDを手放すとき、みなさん中のデータが心配なようで(人にあげるとかヤフオクに出品するとき)消去する方法や(不燃物として廃棄するとき)壊す方法がけっこう話題になっています。

ここでは後者の話題です。よくハンマーやドリルでというのがあるのですが、これは実際にやったことがある方はわかると思いますがそう簡単ではありません。ハンマー=金槌、ドリル=電動ドリルという連想が間違っているように思います。もう少し現実的な(=あんまり力が要らない)方法を考えてみます。

  この“ハンマー”というのが具体的にどの程度のものが必要かは

    徒然ちょっとメモ'  - 3.5インチHDDを効率よくデータ消去(というか破壊)

  をご覧になればわかっていただけると思います。

ところで不思議に思うのは皆さん漏洩すれば何らかの損失を受けるようなアカウント情報とか人に見られたら恥ずかしい画像みたいなのをそのままディスクに保存されているのでしょうか。そういうことをしたら(不要になったから手放すときのことよりその前に)空き巣に持って行かれたらどうなるかみたいなことを考えた方がいいんじゃないでしょうか。

私は最近断捨離の一貫でHDDを十数本ヤフオクに出品したのですが、全部クィックフォーマットで済ませました。
 
 
----------------------------

Imgp96561000_2

今回対象にするのはこんな3.5インチのHDDです。ネジを外すことができれば上蓋が開きますのであとはプラッタを適当に処理します。ネジはほとんどのHDDがトルクスネジです。私は工具がなかったのでマイナスドライバーとかラジオペンチでやって3本だけは上蓋をはずすことができました。ただメーカーや作られた年代によっていろいろ違いがあります。

それからこのHDDは7箇所ネジが見えますが、実際はもう一箇所あります。一つか二つラベルの下にネジがあるので外すときは注意します。

上蓋を開けられたら割ってもキズをつけてもいいのですが、けっこう硬度があります。後に書くように(ドリルのキリコでも混ぜた)接着剤を塗るというのが楽で(=力が要らなくて)いいと思います。

Imgp96641000_2

例外的なのですが、こんなふうにプラッタまで簡単に分解できるものもありました。
表面反射鏡として使えるんじゃないかと思えてしまうくらいきれいです。

上蓋を外せないときは側面に注目します。

Imgp96581000_2

たいていどっかに隙間があります。そこに大きめのマイナスドライバーを差し込みちょっとだけでいいのでこじ開けます。

Imgp96611000_2

これはあんまりこじ開けられなかった例ですが、パッキンを取り外すことができました。写真でははっきりしないのですが内部が少しだけ見えるようになりました。

Imgp96621000_2

隙間がちょっとでもできるとプラッタはすぐ近くにあります。上の写真ではプラッタの外周や竹串がプラッタに反射しているのがわかると思います(これはマイナスドライバーなんかではどうしても外せないネジが3本あったものです)

したがってちょっとでも隙間ができたらそこからコシの強い紙に(エポキシ系など)接着剤を塗って差し込めばプラッタにくっつくはずです。プラッタの表面は清浄ですから強く接着されるはずです。

この方法ではデータを消すことはできませんがプラッタが凸凹になってしまうのでHDDとしてデータを読み込むことはできなくなります。国家機密とか企業のトップシークレットでもない限りこれで十分でしょう。

--------

たいていの方はHDDが人手に渡ったとき興味本位で(出来心?で)HDDの内容を読み取られてしまうのを心配しているのだと思います。

それだったらこれだけでも十分なような気がします。

HDDの裏

Imgp96571000_2

基板を取り外します。ケーブルももぎ取ります(上とは別のHDDです)

Imgp96631000
ここまですればデータを読み取ろうとすると最低でも同じ型番のHDDの基板を見つけて取り付ける必要があるわけで、興味本位でそこまでやる人はいないでしょう。

基板を取り外せないこともありますが、そういうときはソケットを壊すか基板を割れば同じことでしょう。

Imgp96701000


Imgp96691000

SATAだとソケットは基板の一部なのでポキっと折ればいいと思います。

これも力まかせですのでエレガントにやりたければ適当にハンダを盛ればいいでしょう。

基板をはずしておくと、これにはきっと重要なデータが入っているに違いない、と思われ何がなんでも読み取ってやろうと思われるかもしれません。一方わからないようにハンダでブリッジを作っておけば故障したHDDだから捨てたんだと思ってデータを読みとろうという気が起きないかも。

基板をはずすより基板を壊した上で基板が外せないようにしてしまうというのがもっといいかもしれません。

---------

上に引用した徒然ちょっとメモ'  - 3.5インチHDDを効率よくデータ消去(というか破壊)のコメントにちょっとおもしろい方法があります。VCMの磁石を使えばいいというものです。

私は上蓋は鉄でできていると思っていたのでそんな方法でデータを消せるのかなあと思ったのですが、実際に調べてみると上蓋は磁性体ではありませんでした(全部が全部そうなのかわかりませんが)

だったら確かにそういう方法もありそうです。VCMの磁石というのはHDDの部品の一つでこんなものです。

Imgp96681000_2


右側はコイル部+磁気ヘッドで左側が磁石です。磁石は二つが対向して強力な(そしておそらく一様な)磁場を作るようになっています。

Imgp96651000_2
(パチンパチンやってたら接着した部分が剥がれてしまいました。上の右側の磁石の位置はそのためちょっとはずれています)

3.5インチHDDを効率よくデータ消去(というか破壊) - 徒然ちょっとメモ(のコメント)にあるのは、この左側の平たい方のことです。

この方法は力がまったく不要なエレガントな方法に見えますが、じつはけっこう力がいります。この磁石はあまりにも強力すぎるので取扱が難しいからです。それにVCMの磁石を取り出すため一個だけはなんとかしてHDDを分解する必要があります。

----------

新たに壊さなければいけないHDDが見つかったので、途中で写真を撮っておきました。これでVCM(の磁石)がどこにあるかわかると思います。

Imgp96711000

プラッタにひっかきキズがありますが、たぶんカバーを外したとき手元が狂ってプラッタに落としたときのものだと思います。鏡として使えなくなりました (^^;;


« 石神井川はコイキングだらけ - ポケモンGO | トップページ | Status of VPN Server(seppina01 and seppina03) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1994983/67656770

この記事へのトラックバック一覧です: HDD(ハードディスク)の物理的破壊の現実的な方法:

« 石神井川はコイキングだらけ - ポケモンGO | トップページ | Status of VPN Server(seppina01 and seppina03) »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ