カテゴリー「パソコン・インターネット」の22件の記事

2016年12月21日 (水)

解約してわかったSugarSyncの非常識ぶり

なかなかおもしろい体験をしたので、それについて書きます。

SugarSync を解約しようと思い立って“My Account”を見たのですが、どこにも解約のリンクがありません。解約操作へのリンクがわかりにくいところにあるというのはときどき経験するのですが、SugarSyncはほんとうに解約操作へのリンクがないようです。

しようがないので、どうやって解約すればいいのか教えてもらうために“My Account”に表示されているカスタマーサポートに電話しました。これがけっこう待たされます。サポートが出るまで10分以上待たされました(平日の13時過ぎだったと思います。というか平日の昼間しか電話を受け付けないというのもユーザーをなめてます)

「平日の昼間しか電話を受け付けない」というのはよくあることですが、私が問題にしているのは「契約は24時間いつでも可能なのに、解約は平日の昼間しかできない」という点です。

解約の仕方を教えてほしい、と切り出したのですが、解約はサポートの電話でできるそうです。アカウントと決済に使っているクレジットカードの下四桁(これはマイアカウントで確認できます)で本人確認は終了し無事解約はできました。

解約の前に2点確認されました。一つは

  解約するとアカウントはその時点で無効になる。

ということです。一年契約で次の更新まで半年あまり残っていたのですが、その残り半年分の使用する権利が失われてしまうそうです。ちょっと信じられない対応ですがきっと使用許諾だか重要事項説明書だかにちゃんと書いてあるのでしょう。

あと一つは解約しなければ何か特典があるというような話しだったのですが、解約すると言ったら特典を持ち出すのに腹がたったので内容はまともに聞いておらず具体的にどういう話だったのか覚えていません。

SugarSyncは怪しげな動画配信サイト以下、というのが私の結論です。

-------

ところでSugaraSyncとの契約が2010年12月13日以前だともっとややこしいことになるそうです。

  metametals's blog
     - 早期SugarsyncユーザがSugarsyncアカウントをアメリカ経由で解約する際の顛末記

(ただしこれは1年以上前の記事なので現状とあっているかはわかりません)

--------

記事にほんとに解約操作へのリンクがないことを示すスクリーンショットを撮っておこうかと思ったのですが、解約と同時にアカウントが削除されたのでそれができませんでした (^^;;

これまで他のサービスを解約したときは使用履歴の確認ができるように(サービスは利用できなくても)アカウントは1ヶ月程度残してあることが多かったので、この点もちょっとびっくりです。


ちなみに(恥ずかしながら)私が利用した怪しげな動画配信サイトは、それほどわかりにくくないところに解約操作へのリンクがあり、FAQにも解約の方法と注意事項が明記してありいつ解約しても当初の契約期間はサービスを利用することができ解約した後も使用履歴はずっと閲覧することができました

2016年11月12日 (土)

Status of VPN Server(seppina01 and seppina03)

VPN Server for Mobile (L2TP/IPsec, OpenVPN)

-----------------------------------------

seppina01.opengw.net (14.193.166.111)

    Throughput is limited to 1.0Mbps.
      (limited to 5kByte per connection.)

    stopped at 13:35UTC on 13 Nov. 2016. ( maintenance )

   started at 07:15UTC on 13 Nov. 2016.

    stopped at 06:40UTC on 12 Nov. 2016.

------------------------------------------

seppina03.opengw.net (14.193.166.111)

    Throughput is limited to 1.0Mbps.

    stopped at 07:10UTC on 13 Nov. 2016.

    started at 07:30UTC on 12 Nov. 2016.

2016年9月25日 (日)

HDD(ハードディスク)の物理的破壊の現実的な方法

使わなくなったHDDを手放すとき、みなさん中のデータが心配なようで(人にあげるとかヤフオクに出品するとき)消去する方法や(不燃物として廃棄するとき)壊す方法がけっこう話題になっています。

ここでは後者の話題です。よくハンマーやドリルでというのがあるのですが、これは実際にやったことがある方はわかると思いますがそう簡単ではありません。ハンマー=金槌、ドリル=電動ドリルという連想が間違っているように思います。もう少し現実的な(=あんまり力が要らない)方法を考えてみます。

  この“ハンマー”というのが具体的にどの程度のものが必要かは

    徒然ちょっとメモ'  - 3.5インチHDDを効率よくデータ消去(というか破壊)

  をご覧になればわかっていただけると思います。

ところで不思議に思うのは皆さん漏洩すれば何らかの損失を受けるようなアカウント情報とか人に見られたら恥ずかしい画像みたいなのをそのままディスクに保存されているのでしょうか。そういうことをしたら(不要になったから手放すときのことよりその前に)空き巣に持って行かれたらどうなるかみたいなことを考えた方がいいんじゃないでしょうか。

私は最近断捨離の一貫でHDDを十数本ヤフオクに出品したのですが、全部クィックフォーマットで済ませました。
 

続きを読む "HDD(ハードディスク)の物理的破壊の現実的な方法" »

2016年7月21日 (木)

赤っ恥! Windows10で画面が点滅する(ブラックアウトを繰り返す)ことの対策事例

単なる事例紹介です。

まあこういうこともあるんだ、と笑って読んでください m(._.)m

2016年7月18日

“辞退する”ことができるようになったので、これまで“意地でもアップグレードするか”という気持ちがちょっとやさしい気持ちに変化しMicrosoftの勧めに応じてWindows 10にアップグレードすることにしました。

サブマシンのWindows8.1 Pro.をWindows 10 Proにアップグレード

特に何もせず指示されるままにボタンを押していっただけですが、アップグレード自体もその後の動作も特に問題なし

使用しているPCはけっこう年季もの
20160721
2,016年7月20日

画面が突然真っ黒になり数秒~十数秒後にもとに戻る現象が数分~十数分ごとに繰り返される現象が発生。ディスプレイの表示を見ていると突然ビデオ信号が出なくなってしばらくすると復活しているように思われます。

ちょっとうろ覚えですが、PCを再起動してもこの現象が起きることは確かめたような....

続きを読む "赤っ恥! Windows10で画面が点滅する(ブラックアウトを繰り返す)ことの対策事例" »

2016年3月24日 (木)

NetLimiter4の使い方 - 累積通信量に応じて帯域を制限する

NetLimiter4の使い方について基本となるところを

  NetLimiter4の使い方 - 帯域制御(通信量制限)の方法
  「NetLimiter4の使い方 - コネクションごとの帯域制御(通信量制限)の方法

に書きました。今回は帯域を動的に変更するという応用編です。

私の場合VPN のサービスを提供しているわけですが、リソースに限界があるので対象を絞っています。主にスマホでの利用を想定し、それに合わせてチューニング(?)しているわけでL2TP/IPsec しかサービスしていないのもそれが理由です。ですが、L2TP/IPsec PC でも使えるわけで中にはPCで何かを連続的にダウンロードしているようなお客さんもいらっしゃいます。
別にそういう使い方をしてはならないということはないのですが、サーバー設置の趣旨からするとそういうのはできればやめてほしくなります。

そこで累積通信量が突出しているコネクションに関してはそのコネクションに対してだけ帯域を絞ることにしました。これを自動的にやるにはNetLimiter4をどう使えばいいかというのがこの記事のテーマです。

あんまりいい例ではないのですが実際にそういう帯域制御が行われている様子です。
0040

A のところで(この画面をキャプチャーしたときは制限をはずしてありますが)トータルで帯域は360kB/sに制限されています。

またB のところで一つのコネクションあたり48kB/sに制限しています。

実際の利用状況を見るとC-1 のあたりは40kB/s に制限されており、C-2 のところは32kB/sC-3 24kB/s に制限されています。これはそれぞれコネクションの累積通信量が20MB50MB100MB を超えたためそれに対応する制限を発動したためです(このキャプチャーはタイミングが悪くて、実際にはC-1 の上に全体的な制限しか受けていない40MB/s~48MB/s のコネクションが存在するのがふつうです)

これらはC のところで設定されています。C のルールは特定のコネクションに対してだけ適用されているわけですが、こういうときはルールが機能していてもUL Limit のところのチェックボックスにはチェックが入らない(入れない)ことに注意します。

続きを読む "NetLimiter4の使い方 - 累積通信量に応じて帯域を制限する" »

2016年3月23日 (水)

NetLimiter4の使い方 - コネクションごとの帯域制御(通信量制限)の方法

NetLimiter4の使い方 - 帯域制御(通信量制限)の方法では通信量(送信量、受信量)の“総量規制”の方法について書きました。

サーバーで不特定多数にサービスを提供するときヘビーユーザーにサービスを占有されるのを避けたい場合があります。こういうときは次の画像に示すようにコネクション単位の帯域制御が必要になります。

0038

A.のところでインターネット接続の総送信量が380kB/s以下になるように制限しています。
一方B.のところを見るとどのコネクションも送信量が38kB/sになるように制御されています。これをNetLimiter4ではどう設定するかというのが今回のテーマです。

さらに累積通信量が大きいコネクションだけ制限するというのを

  「
NetLimiter4の使い方 - 累積通信量に応じて帯域を制限する

に書きました。

続きを読む "NetLimiter4の使い方 - コネクションごとの帯域制御(通信量制限)の方法" »

2016年3月22日 (火)

NetLimiter4の使い方 - 帯域制御(通信量制限)の方法

以前NetLimiter 4 について

  帯域制御 NetLimiter 4 のProとLiteの違いを調べてわかった驚愕の事実

を書いたのですが、Netlimiter4 の使い方自体はそんなに難しくなさそうということで省略しました。

ところが今回Netlimiter 4 のバージョンアップしたら動きがヘンになりました。設定を見なおしたのですが、そのときNetLimiter4 の使い方がよくわかっていなかったことに気が付きました。同じように悩む方もいるかも、と思いいまさらですが使い方を簡単に書いてみました。

今回は“総量規制”の方法です。コネクション単位の制御や累積通信量をもとにした制御は

  NetLimiter4の使い方 - コネクションごとの帯域制御(通信量制限)の方法
  「NetLimiter4の使い方 - 累積通信量に応じて帯域を制限する

にあります。

-------

インストールは Welcome to NetLimiter に行ってDownload のタブを選択しNetLimiter 4 をダウンロードしてきたものを使います。インストール自体は別に迷うようなところはありません。

28日間は全機能を自由に使えますのでその間にレジストするかどうか決めればいいです。

------

起動するとこんな感じです。
001

続きを読む "NetLimiter4の使い方 - 帯域制御(通信量制限)の方法" »

2016年1月 6日 (水)

続・J:COM NETサービスのデータ送信量制限について

ついに恐れていたアレが来ました。

  J:COM NETサービスにおける大量データ送信に関する見直しのお願い

という文書が配達証明で送られてきました。どういう場合この文書が送られてくるか

  「J:COM NETサービスのデータ送信制限について

に書きました。そういう記事を書いているくらいですから自分の送信量はNetLimiterでチェックしています。送信量が問題になるようになった10月から三か月間オーバーしそうになったら蛇口をしめ、余裕ができたら緩めるということをやっておりこれまで日々の送信量が(NetLimiterの数値を信じれば)二日続けて制限を超えたことは一度もないはずです。

  NetLimiterについては(この記事とはぜんぜん関係ありませんが)
    「 帯域制御 NetLimiter 4 のProとLiteの違いを調べてわかった驚愕の事実
    「
NeLimiter4の使い方 - 帯域制御(通信量制限)の方法
   NetLimiter4の使い方 - コネクションごとの帯域制御(通信量制限)の方法

--------

今回指摘があったのは1日と2日の送信量のようです(文書には具体的に何日とは書いてありません)

NetLimiterでは日々の送信量をTraffic Statですぐに調べられます。

  1月1日 24.1GB
  1月2日 29.9GB
  1月3日 26.5GB

でした。1月2日はちょっとあぶない感じですが、少なくとも2日連続してということはないようです。そこで今度は毎時のデータ送信量を調べてみました。
201601010103

続きを読む "続・J:COM NETサービスのデータ送信量制限について" »

2015年11月12日 (木)

「このページに到達できません」で悩んでいるのはじつはJ:COMユーザーだけだったりして (^^;;

これまで経験した現象を整理するとタイトルに書いたような結論になるんですが、そんなことはないと信じたいです。

<== ケーブルモデムをリセットしたらこの現象が解消されたことがありました。この現象が起きたらケーブルモデムをリセットすれば必ず解決するかどうかはまだわかりません。

-------

「このページに到達できません」がJ:COMのDNSサーバーに原因があるかどうかの調べ方。

コマンドプロンプトを開き

  nslookup ns1.d1.home.ne.jp

を実行します。

正常なときの応答
Nslookup


正常じゃないときの応答は

  Windows10/Microsoft Edgeが「このページに到達できません」と言っているときのnslookup

にあります。

-----------

関連

  「「このページに到達できません」の対策一覧 Windows10 Microsoft Edge
  「Windows10/Microsoft Edgeが「このページに到達できません」と言っているときのnslookup

  「
J:COM NETサービスのデータ送信制限について

2015年10月17日 (土)

ケーブルモデムを交換したらDNSサーバーがタイムアウトしなくなる不思議

以下いろいろ書いていますが、ここのところちょっとトラフィックが増えてきたかなと思ったらDNSサーバーのタイムアウトが出始めました。

やっぱりケーブルモデムの不調とDNSサーバーのタイムアウトはあんまり関係ないみたいです (^^;;

--------------

Windows10/Microsoft Edgeで「このページに到達できません」が頻発するようになり、それをネタに「「このページに到達できません」の対策一覧」なんて記事を書いたりしていました。

でもMicrosoft EdgeもWindows10も無実で、DNSサーバーが要求に対してまともに”対応”してくれなくなっていただけでした。とうぜんDNSサーバーの不調とか能力不足を考えてしまうのですが、ISP(J:COM)に問い合わせたらそういうことはないという回答がありました(正確には、そういう事象は確認していないが、念のため担当部署に確認してみる、というようなことで回答待ち)

続きを読む "ケーブルモデムを交換したらDNSサーバーがタイムアウトしなくなる不思議" »

フォト

サイト内検索

  • 記事を探されるんでしたらこれがいちばん早くて確実です。私も使ってます (^^;; 検索窓が表示されるのにちょっと時間がかかるのはどうにかしてほしいです。

新着記事

リンク元別アクセス数

  • (アクセス元≒リンク元、原則PCのみ・ドメイン別、サイト内等除く)

人気記事ランキング

  • (原則PCのみ、直近2週間)
無料ブログはココログ